2016年2月29日月曜日

【定年と老後破産】

 老後破産(ろうごはさん)とは、社会において存在する高齢者に関する問題であり、これは独居老人が、貧困により破産状態の生活を送らざるを得ないような状態になっているということである。 この老後破産というのは、増え続けている事柄であり、

 ・2014年時、約200万人の老人が老後破産のような状態 (独居老人総数600万人)

 このような、約200万人の老後破産となった独居老人の多くは、自身が得ることのできる年金のみを生活の糧としている。・・・・・ ウィキペディアより

上記は、俗に言う「老後破産」の事を言っていますが、老後と言わず、定年後にこの状態の陥る可能性が十二分にあります。

と、言うのも、厚生年金の制度が変わり、60歳からの支給が65歳となりました。また、国の指導により定年を65歳とすべしとありましたが、全ての会社が65歳とはなりませんね。その対策として、再雇用制度を設けて65歳まで働けるようにしました。

 そして、上記の様な環境の中で、再雇用として働いている人で、下記の条件が重なると、定年後破産に陥る可能性があります。

  ・再雇用で給料が半減

  ・住宅ローン等の負債があり退職金で返済

  ・夫だけでが働いて生計維持(夫婦で生活)

どうですか、結構あてはなる人が多いのでは!

そして、定年後の生活費用を考えてみてください。

  第一に、今迄の生活水準を落とすことが難しいことにあります。
仮に、定年前の毎月の生活費が25万円掛かるとします。

  再雇用の手取り     生活費      不足金額
  15万円     -   25万円  =  10万円

不足金は、貯蓄から切り崩して、5年間凌いで600万円程は必要です。

どうですか、結構厳しい生活となります。

と、言うことで、こらから定年を迎える人は、定年後の生活設計を十分に検討してください。!




クリックをお願いします(^_^;)

ドライバー ブログランキングへ

6 件のコメント:

  1. zatoさん、今晩は(・∀・)

    私はまだ40代半ばですが、ホンっとに他人事とは思えないですよ。
    現状ですと、仮に60歳で定年を迎えてからタクドラになったとして、65歳までバリバリと(^_^;)
    その後は月8勤務程度で出来るだけやって。
    それが終わっても...
    考えても暗くなるばかりですが考えなきゃいけません。

    抑、私が65歳になる頃には年金制度があるのかさえ怪しいです(汗)

    今のうちにタクドラで年収700万プレイヤーを目指しますかヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

    返信削除
    返信
    1. ミンクさん、コメントありがとうございます。

      全く、暗くなる話ですが、避けて通れないのも事実です。

      そうですね、700万プレーヤーは夢じゃないですから。(*^_^*)

      その前に、しばさんのように、スタートラインに立たないとね。

      早く追い付かないと、頑張りましょう。

      削除
  2. zatoさん、色々とありがとうございます。

    俺は現在51歳ですが、タクシードライバーになる7年ほど前に2年間、浅草(『あしたのジョー』で有名になった泪橋に近い)でコンビニの雇われ店長なんかをやっていました。
    泪橋付近は今でもホームレスが多い地域です。

    それで、今回の記事との関連はホームレスの年金です。

    コンビニをやっていたら色んなお客様が見えられます。
    タクシーも同じですね。

    中には入店をお断りしたくなるようなお客様もおられます。
    アンモニア臭いと言いますか、ホームレス独特な臭いをさせながら入店されます。
    時にはゆるゆるのズボンがずれ落ちてお尻を見せたままだったり。

    汚い臭い方でもお金を払えばお客様です。
    数名のホームレスがコンビニを利用されていましたが、ある程度のお金はあるようでした。
    今、調べてみたらホームレスでも25年間年金を納めていたら年金を頂ける様ですね。

    俺のブログは、40歳から50歳で過去会社勤めの経験があり、現在年金を納めないでアルバイトしている人がいたら、せめて25年間年金を完納して欲しいとの願いがあります。
    それで手っ取り早く正社員として職に就けるのがタクシーです。

    何らかの理由で正社員から脱線して年金も納めていないって方は相当おられると思うんですよね。
    その人のお力になれればと思っています。

    返信削除
    返信
    1. ギャンブラーさん、コメントありがとうございます。

      そうでしたか、ギャンブラーさんのトップページのご挨拶にありましたね。
      また、その根底にはその様な思いがあったのですね。感動しました(*^_^*)

      それから、この仕事でしたら、68歳まで厚生年金を納める事も可能なので、
      少し遅れても年金の受給権利の25年へ、少しでも近付く事が出来ますね。

      タクシーなら、生涯現役で頑張れますからね。 私も気持ちだけは・・・(^_^;)


      削除
  3. 再雇用制度とは言っても、待遇DOWNですから、生活費の事は良く考えないといけない問題です。
    また、ずっと健康でいるとは限りません。
    一度転職すると、転職癖がつきます。
    私も、60~65歳までが心配です。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは、Goma Chanさん。
      コメント ありがとうございます。

       そうですね。5年間は永いですね。後は、厚生年金の44年特例というのが
      あって、高卒で就職して44年間、62歳になるまで年金に加入していれば、
      この特例が受けられて62歳以降は年金が満額で支給される制度です。

       私はこれを利用したので、2年間だけの凌ぎですみました。そして、年金+
      再雇用(パート扱い)でやっています。

      Goma Chanさんも、スリムになる(保険も掛け捨てにする)等、色々と
      ご検討ください。

      削除