2016年5月15日日曜日

【研修2日目】

 今朝は、運転適性検査で錦糸町へ会社の指導車で移動です。その後は、また路上で教官と実務教習の1日でした。

適性検査の結果としては、何と危険感受性が20点で、他は70~80点でした。一番必要な事項の危険感受性が余りの低さに愕然としました。現役の頃は、KYT活動で危険予知訓練は行っていましたが、その後の体たらくで危険への感受性が劣ってきているようです。ここは今後の注意点ですね。都内は、自転車や歩行者が多いですから気を付けないといけませんね。"(-""-)"
  
立ち寄り場所: 
歌舞伎座、東京駅(八重洲口、日本橋口、丸の内口、中央口)、聖路加病院、東大病院、椿山荘、駒込病院、国技館、上野駅、秋葉原駅、西日暮里駅。

 
所感:
今日は1日中指導車に乗り運転したので、少し疲れが入りました。それから、都内の道ですが、上野駅前とか、入り組んだ交差点の通過が難しいですね。まして、車線が消えていて分かり難くて困ります。

       
本日の注意された事柄:
  ①乗車時のあいさつはスムーズに流れるように行う(+忘れ物の確認)
  ②交差点の右左折で発進時の車線が変わらない様にする
  ③信号機等の停止時にはパーキングかサイドブレーキを掛ける
  ④アクセル・ブレーキの踏み方は滑らかな運転
  ⑤交差点で左折は小さく右折は中心付近を大きく通過



お手数ですが、クリックをお願い致します(^_^;)
ドライバー ブログランキングへ



4 件のコメント:

  1. コチラにもコメを(^_^;)

    立ち寄り場所を見て自分なりにルーティングしてみましたが...
    まだ点と点が繋がらないですねー
    これが瞬時にルートを思い描けるというのはある種の特殊技能なのではと。

    それではご安全に!

    返信削除
    返信
    1. ミンクさん 毎度有難う御座います。

      全くその通りですよ。やはり、此処は何処状態になり、
      ルート(地図)が思い浮かびませんよ。(´◉◞౪◟◉)
      ですから、毎回、例の挨拶の練習です。
      「お客様、私はこの辺の地理が不案内なので、お教えください。」
      幹線道路に出れば何とか自分に戻ります"(-""-)"

      削除
  2. 適性検査は、なかなか鋭い指摘してきます。
    私は、適性検査は別の所へ行き受験しました。
    会社へ戻ってから具体的な指摘をされました。
    いまでも、自分の危険な部分を気にしつつ乗務しております。

    返信削除
    返信
    1. Goma Chanさん コメント有難う御座います。

      本当にショックでした。危険感受性は一番大切なポイントですよね。
      これからは、KYTをやるようにして感度を上げて行きますよ。"(-""-)"

      削除